ラデイッツ来襲

エイジ761

 


悟空(24歳) 戦闘力→1000

 

新婚ということもあり修行はあまりしなかったのか、戦闘力の上昇はわずか。生まれてばかりで、ほとんど修行をしてない悟飯のほうが最大戦闘力が高く、いかに悟飯の潜在能力が凄まじいかが分かる。

 

悟飯(4歳) 戦闘力→1307

 

最大戦闘力はピッコロに迫る強さだが、戦闘力のコントロールができず怒りによって数値が大幅に変わる。悟空をいじめられた?怒りでラディツに体当たりをして、魔貫光殺砲を当てる大チャンスを作りあげた。

 


ピッコロ(8歳) 戦闘力→1330

 

5年間修業続け、悟空より戦闘力が上になりさらに魔貫光殺砲なる必殺技を身に付けた。魔貫光殺砲は長い溜めが必要だが貫通力に優れた格上にも通じる技で、原作では一回のみの登場だが高い知名度と人気を誇る技。後のドラゴンボール超では数回使用し、強敵を粉砕する大活躍を見せた。

 


ラディッツ 戦闘力→1500

 

当時の悟空やピッコロからみると、1500という数値は高く見えるが大人のサイヤ人としては最低ランクの弱さ。尻尾の弱点も克服しておらず、ベジータとナッパのは「弱虫」と言われるレベルである。

 


亀仙人       戦闘力→160 
クリリン(25歳)  戦闘力→500 
ヤムチャ(23歳)  戦闘力→450 
天津飯(23歳)   戦闘力→800 
餃子(19歳)    戦闘力→250  
ヤジロベー(21歳) 戦闘力→300

 

亀仙人を除く5人は神様の宮殿で修業をすることになり、サイヤ人が来るまでの約1年ほどで大幅に戦闘力を上げることに成功する。

 


閻魔大王 戦闘力→2000

 

ラデイッツを取り抑えるほどの戦闘力を誇る。しかし、この程度の戦闘力ではナッパにすら敵わないので、死んでいる時は戦闘力が抑えられてほとんど力を発揮できないのだろう

 


北の界王 戦闘力→3500

 

閻魔大王のいる場所から蛇の道(100万キロ)の先端の小さな惑星に住んでいる神で、地球の10倍の重力がある場所に住んでいる。悟空に界王拳、元気玉といった超有能技を教えたり、テレパシー会話で悟空達を手助けしたりと非常に有能な人物である。

 

ちなみに、界王星が小さいのはビルス様が怒って破壊してしまったからであり、本来はかなり大きな星だった模様。

ベジータ・ナッパ来襲

エイジ762

 


●ピッコロ(9歳) 戦闘力→3000 

 

ナッパの攻撃から悟飯を守り死亡する。ピッコロが死んだことで神様が死にドラゴンボールが使えなくなったので、ナメック星を目指すことになる。

 


悟飯(5歳) 戦闘力→15004000(怒り)

 

怒った時の戦闘力はピッコロすら上回るが、コントロールが出来ずかつ戦闘慣れしていないのが欠点。怒りの魔閃光はナッパにダメージを与えるほどであり、潜在能力の高さはやはりNO1である。

 


クリリン(26歳) 戦闘力→1800 

 

ドラゴンボール一の業師であるクリリンは拡散エネルギー弾や、気円斬などをうまく使い強敵相手に立ち向かった。気の扱いに長けているためか、悟空に元気玉をたくされコントロールしベジータ撃破の突破口を作り出した。

 

ちなみに気円斬は格上のナッパにも通じる強技で、なんとあのフリーザすらよけるとんでもない技だったりする。

 


餃子(24歳) 戦闘力→1000 

 

ナッパ相手に捨て身の自爆攻撃をしかけるも、ほとんどダメージにならず犬死に。

 


天津飯(29歳) 戦闘力→2000 

 

気功砲を餃子を殺されて怒りで、ナッパにぶっ放すもまたしてもナッパにはほぼノーダメージ。瀕死の状態で気功砲を打ったため力尽きてしまう。

 

 



ヤムチャ(29歳) 戦闘力→1500

 

「お遊びはここまでだ」と自信満々に登場するが、栽培マンに自爆され真っ先に死亡してしまう。この自爆シーンのやられ具合は非常に有名ではあるが、一応ヤムチャのほうが優勢には戦っていたので油断していなければ勝てていたことになる。

 


栽培マン 戦闘力→1200

 

パワーならラデイッツに匹敵する戦闘力を持ち、溶解液や自爆など厄介な技を持つ。地球の荒れ地でいい土と言っていたので、畑の耕された土ならばもっと戦闘力は高かったと思われる。

 


ナッパ 戦闘力→5000 

 

ピッコロ、天津飯、餃子を殺し悟飯にも襲い掛かるが、寸前の所で悟空が到着。最終的には怒りが頂点に達した悟空にボコボコにされ、ベジータに見捨てられ殺されるという悲惨な結末に。

 


悟空(25歳、実年齢24歳) 戦闘力→800016000(2倍界王拳)24000(3倍界王拳)32000(4倍界王拳)

 

界王様との修行で界王拳を身に付け、自身の気を短時間ではあるが増幅させ倍化させることができる。ただし、身体にかかる負担は超サイヤ人以上であり、4倍界王拳まで使った時は身体中がガタガタになってしまいまともに動けなかった。

 

この時の悟空はまだ界王拳に慣れておらず2倍まで使いこなすのがやっとであり、無理やり3倍・4倍界王拳を使用することで何とかベジータに辛勝することができた。しかし、ベジータには奥の手大猿化が残されており、さらに苦戦を強いられることになる。 

 


ベジータ(30歳) 戦闘力→1800011万6000(大猿化)

 

サイヤ人の王子であり天才的な戦闘センスを持つが、下級戦士である悟空にまさかの大苦戦。ギャリック砲とかめはめ波の打ち合いになるも4倍界王拳を使った悟空に打ち負け、最終手段の大猿になることを決意。しかし、月はピッコロが破壊していたのでやむを得ず自身でパワーボールを作り大猿化。この時の大猿化は本来のものよりもパワーが落ちるとされているので倍率は7倍と推察。

 

大猿化して悟空を握りつぶそうとするも、突如ヤジロベーが現れ尻尾を切られてしまう。

 


ヤジロベー(27歳) 戦闘力→1000

 

ベジータの尻尾を切って通常状態に戻して、大チャンスを作る上げたサイヤ人編影のMVP。文句や弱気な発言は多いが、肝心要の時に現れベジータに攻撃をするあたりかなりの度胸がある。

 


大猿悟飯  戦闘力→1万5000

 

いつのまにか尻尾が再生しており、弱ったベジータを攻撃した。半分、地球人の血が混ざっているので悟空よりは大猿の力をコントロールできる。

 


元気玉3万

 

地球の気を集めて作りげた元気玉だが、悟空がコントロールする力がなくクリリンに託した。寸前の所でベジータには避けられ失敗に思えたが、悟飯がうまく跳ね返すことによりベジータに直撃させることができた。

 

フリーザ編へ